LCCは安全なものなのか

- LCCは安全なものなのか

LCCは安全なものなのか

通常運賃でも格安航空券なみの値段で航空券を購入する事が出来るLCCですが、そこまで安いと心配になってくるのはやっぱり安全性ですね。
安かろう悪かろうではないですが、LCCは事故率が上がるんじゃないかという心配もあるでしょう。

LCCの安全性は大丈夫なのか

エンジントラブル
通常運賃が格安航空券なみのLCCですが、やっぱり乗客になる側として安全性に関しては気になりますよね。
区間内によっては数千円での利用すら出来るLCCはあまりにも安すぎて本当にこれ安全なの?墜落しやすかったり、エンジントラブルが起きやすかったりするんじゃないのか。
粗悪な機種や部品などをつかっていたりするのではないか、という事がやっぱり気になりますね。
特に、飛行機というのは事故を起こして墜落しよう物ならばほとんどの人が死亡するというリスクを抱えているわけですから、安全性については神経質になるのも無理はないのではないでしょうか。

LCCの安全性はしっかりしている

まず、そもそもLCCについて値段が安いというのは整備をケチっているからだとか、機種が安い物ばかりを使っているというわけではないんですね。
サービスの品質だったり、空港の使用などのコストを抑えているだけなので安全基準における品質の低下は全く或りません。
そのため、結論から言うとLCCの安全性に関しては大手航空会社の航空機とそう変わらない物となっています。
航空機の提供というのは、非常に厳しい安全基準を満たさなければ出来ない物で、特に日本の航空業界というのはその基準が世界レベルで見ても相当厳しいです。
日本は、航空機との比率を見ても世界で最も航空機事故が少ないと言ってもいいくらいでLCCもそのくらい安全です。

危険なLCCは淘汰されていきます

どんなに安くても事故率の高い飛行機なんてどう考えても乗りたいなんて思う人はいないですよね。
特に、飛行機事故は即座に命にかかるレベルの物なので客が全く寄り付かないというようになっています。
なので、LCCというのは寧ろそんな不備があろうものなら即座に倒産に追い込まれるような物、と言ってもいいのです。
LCCは、以上のことから安全には寧ろ人一倍気を遣っているというようなところが多いですからね。
なので、LCCというのは基本的に安全基準においては大手航空会社と変わらないくらいなのです。
整備なども一種に統一されているため、機種の違いで見落としがあるなんてこともなくなりますからね。

関連記事:

  ← 前の記事:
  
Copyright(C)2016 株主優待券のメリットとデメリットとは? All Rights Reserved.