利便性が高い

- 利便性が高い

利便性が高い

JALやANAの株主優待券は、50%割引で購入できる格安チケットとして人気があります。
しかし、優待券のメリットは価格だけではなく、利便性の高さも大きなメリットだと言えるでしょう。
ではどのように利便性が高いのか紹介します。

直前購入が可能

飛行機の航空チケットは、早割がお得だという事を知っている人は多いと思います。
ですが、早くから休みがとれて、旅行の予定が立てられる人ばかりとは限りません。
急に休みがとれる事になったから、休みを利用して旅行をしたいと思い立つ事もあるでしょう。
また仕事の出張などは、トラブルが発生して急所支社にかけつけるなんて事もあるかもしれません。
そんな時に直前で航空チケットを購入すると、かなり割高になってしまいます。
ですが、優待券であれば、年に2回優待券がもらえ、有効期限内であればいつでも使用する事ができます。
もちろん、いつ使用しても50%割引してくれるので、直前に航空チケットを購入するのなら、絶対優待券がお得です。
有効期限内であれば、いつでも利用できるという点は非常に利便性が高いと言えるでしょう。


無料で変更可能で、キャンセルにも対応

また直前に航空チケットを購入するのではなく、その逆にあるかもしれません。
前もって予約していたチケットが、急に都合が悪くなり、搭乗日を変更して欲しい。
もしくは、チケットをキャンセルしたいという事もあるかもしれません。
ですが、早割でチケットを購入している場合は、キャンセルをするとキャンセル料が発生します。
キャンセル料は、出発のどれぐらい前にキャンセルするのかによって料金は異なりますが、2週間前であればキャンセル料は60%かかってしまいます。しかし優待券の場合は、搭乗日を変更する場合も無料で変更可能です。
キャンセルに対してもキャンセル料が発生しないだけでなく、優待券が有効期限内であれば、優待割引番号のコードを再発行してもらえます。
つまりまた次回同じように50%割引の恩恵を受ける事が可能なのです。
そのため急な予定変更の可能性があるという人なら、融通がゆく優待券で航空チケットを購入する事をおススメします。

  ← 前の記事:  
Copyright(C)2016 株主優待券のメリットとデメリットとは? All Rights Reserved.